【理科】化学・物理・生物の科目選択と勉強法のコツ

化学と物理と生物のおすすめは? 勉強法

こちらを読んでくれているということは理科系の科目の勉強法について、または何の科目を選択しようか悩んでいる人が多いと思います。(地学は受験で使えないことが多いので今回は除外)

そういった方の悩みをすべて解決していこうと思いますので最後までご覧ください!

スポンサーリンク

化学・物理・生物の違い

理科という括りでは同じですが全て特徴が違い、向いている人、勉強の仕方が全て違います。

それぞれの特徴を正しく抑えていきましょう!

化学について

まずは、化学から説明していきます。

理系の人は物理・化学と選択する人が多いと思います。

では他の2教科と違って化学はどんな特徴があるのでしょうか。

化学は大きく分けて理論化学・無機化学・有機化学と3つのジャンルに分かれます。

そして、それぞれが密接に関係しているのが1番のポイントです

なぜかというと、理論化学がわからず、他2つが完璧に理解できる、というわけにはいきません。

他2つも同様で全て満遍なく理解していかなければ化学をマスターすることができないのです。

さらに、はっきり言ってやることが多いです

molを代表に計算力が必要

化学式、物質の性質など暗記が必要

実験手順、化学反応の理由など記述力が必要

構造式、実験器具の配置のような作図を求められることもある

あらゆる方法で化学の力を問われるので総合的な勉強が必要になります。

また、まだまだ発展途中の学問であるため、新しい発見や研究が進むと問題のアップデートがありえます。

時には時事にもアンテナを張って置くことを求められます。

それを踏まえたうえでどんな人に向いているか、勉強の仕方についてみていきましょう。

化学が向いている人

当たり前かもしれませんが、化学が好きな人は特に化学が向いています。

化学は単元ごとの理解では点数を取りづらく、全体を満遍なく理解していくことが求められます。

理論と有機化学は好きだけど、無機化学は苦手で手をつけていない

こうなると無機化学の理解度に引っ張られて理論と有機もそれなりの点数に落ち着いてしまいます。

だからこそ、化学という分野が好きで全体的に手を付けられる人には向いています。

後は極端に計算、暗記が苦手でない人です。

先に言ってしまうと物理は計算、生物は暗記力がかなり必要になります。

だからこそ広く浅くが好きな人には他の科目に比べて化学が向いているといえます。

化学の勉強法

何度も言うように化学は全体的に理解をしていくことが大事な科目です。

学校の勉強だけで化学をしている人は成績が上がりにくく、苦手だと思いやすいです。

なぜかというと、学校の化学は単元ごとに1つずつ丁寧に時間をかけて終わらせていきます。

すると、1番初めにやった理論化学の内容を忘れてしまうわけです。

結果、理論化学の内容を覚えていないので無機化学や有機化学の内容が理解しづらくなり、苦手だと思ってしまうわけです。

逆に定期的に復習を挟み、前の単元の内容を忘れない勉強をしている人は化学が好きになりやすい傾向があります。

実際、私は文系でしたが、化学が好きで定期的に勉強をした結果、化学は学年1位を取っていました。

好きであれば、他教科に比べても点が取りやすい教科といえます。

では、好き嫌いに関係なく点数を取るためにはどのように勉強をすればいいかというと、簡単なレベルから順に参考書を終わらせていくことです。

理論化学をレベル1までできるようになったら次に理論化学のレベル2に進むのではなく、無機化学のレベル1に進むわけです。

そして無機化学がレベル1までできるようになったら次に有機化学のレベル1と進み、全体がレベル1になったら、次に理論化学のレベル2に進んでいくわけです。

このように、単元ごとに終わらせるのではなく、それぞれのレベルの参考書を1冊終わらせていきます。

次にもう少し難しい参考書を買って終わらせる、というように勉強をしていけば、前の単元の知識を忘れる前に次に行けるので化学の全体像をつかむことができます。

また、レベルが上がるごとに最初にやった単元に戻ってこれるので、定期的な復習の効果もあり、記憶にも残りやすくなるというおまけつきです。

学校では単元ごとに終わらせていくので、単元ごとの繋がりを掴みにくいダメな勉強法となっています。

化学を入試で使う予定がある人は学校に任せるのではなく、自身で勉強をしていきましょう。

化学は広く浅くを繰り返して、全体的にレベルを上げていく

学校のペースで勉強をすると成績が上がらない&苦手になる

勉強の順番を間違えなければ誰でも点が取りやすい科目

物理について

物理は共通テストで満点が狙いやすい科目の1つです。

理科科目の中では1番高得点が狙いやすいため、苦手でなければおすすめです。

数学とのシナジーが強いため、数学と合わせて点数を上げていきやすいという意味では理系の人は選択すべき科目ともいえます。

数学が得意で物理が苦手というのはあまり聞きません。

もし自分がそうだというのであれば勉強法を変えた方がいいです。

なぜなら計算自体は絶対に数学の方が難しいため、正しく学べば物理の成績が絶対上がります。

また、化学と全く勉強法が異なるため物理化学と2科目選択する人は特に同じような勉強をしないように注意しましょう。

物理が向いている人

ずばり、深く考えない人です。

なにを言っているんだ・・・?と思うかもしれません。

他の単元はしっかり理解すればそれだけ点数に繋がっていきます。

しかし、物理はわからなくても点数が取れる科目なのです。

「この問題はこの公式を使えば解ける」

という風に当てはめられるようになっていけば点数が取れるのです。

なぜこの公式なのか、この公式はなぜこのようになるのか、は二の次です。

なぜ?に対して理解できないと進めない人は結構物理の沼にはまっていくと思います。

例えばこちら

みはじ」について - 基町・安古市・祇園北高校進学専門塾|安佐南区大町

道のり=速さ×時間という求め方はみなさんわかっていると思います。

では、なんで道のりは速さ×時間をしたら求められるのか?といわれたらなんと答えるでしょうか。

ほとんどの人が「そういうものだから」と答えるのではないでしょうか。

物理も同じで、根本や原理まで追求するときついです。

この式を使えば

・道のりが出せる

・変形すれば時間を求めることができる

・変形はこのようにする

という式の使い方がわかっていれば点数をとることができます。

だからこそ完璧に理解しようとする人は沼にはまっていくのです。

逆にそこにこだわらず「点が取れればいいや」で割り切れる人は伸びやすいです。

もちろん、公式の丸暗記でいいわけではありませんが、みはじの公式のようにどうやって使うのか、何を表しているのかが説明できるくらいになっていればOKです。

そのステップまで行くと物理が満点狙えるコースに近づきます。

また、物理は物理基礎がすでに難しいです。

数値ではなく記号ばかりでイメージしづらく、1番初めが挫折しやすいです。

独学をする上で一番難しい科目ともいえます。

逆にそこにアレルギーを感じない人は向いているといえるでしょう。

物理の勉強法

物理は化学と正反対で単元ごとに勉強をしていきます。

物理は大きく分けて5つの単元に分かれます。

力学・熱・波動・電磁気・原子の5つです

これらの単元の間に繋がりがありません。

そのため力学が全く分からなくても熱や波動は解けます。

だからこそ、単元ごとに完璧にしていく方が成績を上げる上で重要になります。

また、単元ごとに重要度が全く違います。

重要度★★★:力学・電磁気

重要度 ★★:熱・波動

重要度  ★:原子

とにかく力学と電磁気をマスターすれば物理は6~7割点数が取れます。

それぐらい重要です。

全部マスターしようとしていた人は優先順位をつけて勉強してください。

ちなみに熱・波動で3~4割となりますので余裕がある人はしっかりその4単元勉強しましょう。

原子?本当に余裕がある人以外はやらなくていいです。

物理は単元ごとに完璧にしていく、わからないまま他の単元に手を付けない

優先順位をつけて勉強する。力学と電磁気だけは絶対に完璧にする

深く理解しようとしすぎない、公式の意味が説明できるレベルでOK

生物について

生物はとにかく暗記です。

計算問題もほぼ存在しておらず、記述の問題も暗記を活かして解くことができます。

とはいえ、他の2科目に比べると1番記述力は求められるので文系向きではあります。

そして3科目の中で1番安定感のある科目になります。

100暗記したら100の実力になります。

逆に0であれば0の実力になります。

物理は10の努力で100の結果を出すこともできる科目であるため、それに比較すると泥臭い科目といえます。

100の努力がどれくらいかというと…

このぐらい。

100円玉より分厚い参考書をしっかり覚えることが100の努力です。

ただ、満点といわずとも人を選ばず誰でも点を稼ぐことができるという意味では向いている人も多いでしょう。

また、年度ごとに研究が進み新たな発見があることで、問題もアップデートされることがあります。

2次対策は特に時事ニュースにもアンテナを張っておきましょう。

実際どんな人が向いているのか見ていきましょう。

生物が向いている人

他2科目が苦手な人と医学系に進学を考えている人です。

論述が多い、覚えなければいけないことが多い、という2点で満点は狙いにくい科目です。

ただ、やった分だけ点数になるのと、暗記がベースなので才能に左右されにくいという意味では万人が選びやすい科目になっています。

しかし、冒頭に述べたように満点が狙いにくいということもあるので、生物で差をつけたい、点数の稼ぎ頭にしたいという人にはあまり向いていません。

理科が苦手で足を引っ張らないぐらいにしたい、という人にはおすすめです。

積極的に生物を選ぶ理由は進学後に必要になる医学系の人ぐらいだと思います。

それ以外の人は化学や物理を避けていきたいという消極的な理由で選んでいいと思います。

生物の勉強法

ほぼ、暗記ですが、暗記の仕方にコツがいります。

英単語の覚え方で説明した1語1訳の暗記ではだめです。

論述を意識して、用語を覚えていく必要があります。

論述では用語や現象の繋がりを正しく覚えておかなければ、繋げられず、書くことができません。

用語の意味を覚えるだけでなく、それに付随する言葉も併せて覚えていくことで点数を上げていくことができます。

論述ができるだけの知識がついていれば、選択式の問題も容易に解くことができます。

用語の意味や繋がりを自分の言葉で説明ができるということを目標に覚えていきましょう。

ダメな覚え方といい覚え方の例を出しておきますので参考にしてみてください。

葉緑体にはストロマ・チラコイド・グラナがある。

葉緑体の中ではカルビン・ベンソン回路が行われる。

葉緑体にはストロマ・チラコイド・グラナがある。

ストロマは基質部分で、チラコイドは扁平な袋状の膜

グラナはそのチラコイドが重なった部分のことを指すので、チラコイドの構造のことである。

ストロマでは吸収した二酸化炭素から炭水化物などの有機物を作るカルビン・ベンソン回路という反応が行われる。

悪い例は、教科書や参考書で赤字になっているものを覚えただけです。

繋がりや区別がつかず、単語だけ聞いたことがあるという状態になり点数が取れません。

良い例では自分なりに言葉の意味を整理して、それぞれがどんな役割を果たす物質なのか覚えています。

どこで、何の物質が、何を行うかという問題に対して答えることができるので点数が取れる覚え方といえます。

必ず、言葉だけでなく、繋がりを意識して覚えておきましょう。

単元ごとの繋がりはそこまで強くはないので、自身が苦手な単元を見つけ徹底して埋めていくことも必要です。

問題のレベルが上がると、単純に難易度が上がるというよりマニアックになっていくので問題を通して知識をつけていく必要があります。

「そうだったんだ」と思ったことはテストでも必ず復習し知識として蓄えていきましょう。

いきなりマニアックな問題を解いても繋がりが理解できないので生物は徐々に問題のレベルを上げて1冊ずつ完璧にしていくことがおすすめです。

単語の丸暗記ではなく、繋がりを意識して覚える

やった分だけ実力になる代わりに近道はない

難しい=マニアック、間違えた問題は必ず復習して知識にする

まとめ

単元ごとに向いている人と不向きな人が出てくる科目です。

それを踏まえて自分が点数を取りやすい科目を選ぶのか、将来を考えて必要な科目を取るのか考えてください。

受験の合格は科目のトータルで合格最低点を超えることです。

物理の力学と電磁気だけで6~7割取って他に時間を回す。

理科が苦手なので1年内からコツコツ生物を勉強しておく。

など人によって受験の戦略が変わってきます。

自分に合った戦い方ができる科目を選んで、正しい勉強法で成績アップを狙っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました